スイフト 値引き

2012年 最新値引き情報

車種 エコカー減税率 値引き情報

SUZUKI スイフト(SWIFT)

     最大75%

 10万〜14万

スイフトの値引き〜限界値引き額の引き出し方〜

スズキスイフトの値引き画像1

営業マンはすべての金額が頭に入ったうえで金額交渉になります。
こちらも、きちんとした金額を知っておかないと交渉もはじまらないですよね。

 

値引き交渉するうえで最低限準備すること

 

スズキの店同士でスイフトの相見積を取っておくこと。
他メーカーとの納期の違いを用意しておくこと。

 

 

値引き交渉時のポイントは下記です。

1. オプションをサービスしてくれてもまだ、納得しない。(実はまだ上乗せ可能です。)
2. 他メーカーの納期の短さをアピールする。
3. 同店同士での相見積もりをチラつかせて競合にもっていく。

 

実は,
この辺のポイントは誰でも知っていることなんです。
もっと重要なポイントを下記で説明します。


あなたが口下手でも簡単に大幅な値引き額を引き出す方法を説明ます。

スズキスイフトの値引き画像2

はじめに、デーィラー営業マンとは2つの値引き額を交渉しなければいけません。
・スイフト本体の値引き額
・あなたの乗っている車の下取り額(買い取り額)

 

上記の2つの価格であなたのスイフト購入価格が決まります。

 

 

 

どうでしょう?
営業マンに”カモられる”箇所がわかりましたか?

 

そうです!重要なのは下取り額を知っておくこと。

 

頑張って値下げ交渉して、車体価格を頑張って10万円値下げしたとしても、
今の車の下取り価格で10万円安く提示されたら意味がありません!

 

実は、営業マンは全て金額を頭に入れたうえで交渉していますので
後出しジャンケンのようなものなんですね。

 

ですので、もう一つ最低限準備することは

愛車の下取り価格の相場を調べておくこと。

 

実はこの事がとても重要ですが、ほとんどの方が知らないのが現状です。


愛車の下取り価格を調べておく方法

スズキスイフト下取り画像

下取り価格をアップさせるためには、
中古車の買い取り専門店に見積もりをお願いするのがポイントです。

ガリバーやカーチス 、T-UP、ユーポスなどの買い取り専門店に見積もりを依頼しましょう。
こういった買い取り専門店は、多くの買い取りを行っているので
販売店よりも高い下取り価格を出してくれます。
販売店に行く時には、買い取り専門店に出してもらった下取り金額を持っていくことで
下取り価格を安く提示された時には、交渉できます。

 

問題が一点あります!

 

事前に下取り価格の見積もりを依頼するにも一社だけの見積もりではわかりません

 

最低でも2社以上!できれば4社ぐらいは見積もりを取らないと、正確な愛車の相場がわかりません。

 

「販売店も交渉しながら回らないといけない。。。」
「下取りの見積もりにまで何社も回らないといけない。。。」

 

それだけで、二〜三時間、地方の場合は一日かかるかもしれません。。。
とても大変ですよね。

 

 

安心してください!
自宅にいながら何社からも一斉見積もりを取れる!
無料サービスがあります。


自宅で2分!一括見積ができます!

一社一社見積もりを取りにまわるといった
わずらわしい事は今時、必要ありません!

 

インターネットを使えば、時間も手間もかけず、多くの業者の下取り見積もりを一度に集められます!

 

スズキスイフトの値引き画像3

オンライン一括見積で一番おすすめのサービスはカービューです。

2分もあれば、入力が終わります。

 

ソフトバンク系列の会社なので入力も、安心して利用できます。

 

競売の仕組みになっていますので
買い取り業者どうしで金額を釣り上げまで行ってくれます!

 

最高価格で愛車の販売ができますので、
もし新車購入時の交渉で下取り価格よりも高い値がついたなら
ディーラーではなく、カービューの買い取り業者に下取りをお願いすることもできます。

 

車の値引き交渉memo

 

ドレスアップオプションを外して車値引き交渉する事で安く購入が可能
車値引き交渉は誰でもできることですので、安く買うためにはするべきです。 その方法は何個もありますが、その一つとしてドレスアップオプションを外して購入するという方法があります。 各販売店は車をより良く見せる為にディーラーオプションで様々なドレスアップをした状態で販売しております。 そのすべてがオプションとして本体価格にプラスされているのです。 例えばタイヤホイールです。純正のタイヤホイールよりインチの大きいアルミをつける事によりタイヤが大きく見え、かっこよく見えます。 そういったオプションを必要としないのであれば、元のタイヤホイールでいいと伝え、その分を値下げするよう車値引き交渉する事で安く購入できるのです。 この他にもエアロパーツやHIDライトなど様々なオプションがあります。 そういったディーラーオプションは車をより良く見せる為にあるものですので、車を運転する分には無くても良いものなのです。そういったオプションをつけるかを検討しうまく車値引き交渉するとよいです。

 

【PRサイト】
車の買取査定|車買取りで損しない!中古車を最高金額で売却する裏技